P2P/IoT接続

P2P および IoT 接続テクノロジーにより、さまざまな IoT デバイスとユーザーの
間にシンプル、高速、安全な接続を提供できます

メリット

高い浸透率

ブランド、メーカー、または異なる通信プロトコルに制約されないで、IoT デバイスは効率的かつ迅速に相互接続します。

270個以上のSoCをサポート

270個以上のSoCオプションを
サポートし、標準化された統合ソフトウェア/ファームウェアプロセスは、製品開発の市場投入までの時間を大幅に短縮します。

費用対効果の高い

P2P技術により、エンドユーザーとIoTデバイス間の直接通信が可能になり、サーバーおよび帯域幅のコストを効果的に節約できます。

スマートアシスタントの互換性

Amazon Alexa、Google Home、および他のスマートアシスタントと互換性があります。IoTデバイスをスマートホームソリューションに容易に統合できます。

価格の透明性

帯域幅の使用に基づく課金を提供し、Kalay Developer Console (KDC)を提供して、ご利用状況や購入したサービスを追跡および確認できます。

安全かつセキュア

脱中心化技術を使用して、サーバーを介して通信することなく、
デバイスをと直接に接続できます。また、DTLS 1.2プロトコルによる最高レベルのデータ転送セキュリティを確保します。

製品の応用

IPカメラ

監視画像の送信には通常、大きな帯域幅が必要であり、ユーザーはビデオのスムーズと
クラウドストレージのスペースを重視します。TUTK の P2P/IoT 技術は、理想的なソリューションであり、VSaaS サービスを追加することもできます。

ベビーカメラ

親はいつも赤ちゃんと一緒にいるわけではありませんが、TUTKのP2P/IoT接続技術を使えば、
赤ちゃんを遠隔で監視できます。AI 認識テクノロジーが搭載されている場合は、起こり得る危険を
防ぎ、赤ちゃんの安全をさらに保護することもできます。

ペットカメラ

TUTKのP2P/IoT接続技術のペットカメラを通じて、ペットの飼い主はペットを遠隔で監視し、
有害な物質の摂取などのさまざまな危険な状況や潜在的な危険にさらす状況を予防できます。