AIoTクラウドサービスプラットフォーム

"Kalay"とは?

Kalay

Kalayは、台湾原住民のTAO族の言葉です。「握手」を意味し、手をつながって、世界と結びつくことを象徴します。

Kalay プラットフォーム

最初はP2P接続技術を基盤として、さまざまなモジュール化された機能がKalayプラットフォームのバックボーンとして開発されました。これにより、ソフトウェアとファームウェアの統合を含むさまざまなIoT製品の開発を支援し、製品が簡単に操作でき、安定した接続性を持ち、高いセキュリティレベルを保持できます。

Kalayクラウドプラットフォームは、さまざまなアプリケーション領域で広く活用されており、顧客の要求に応じてカスタマイズされたサービス、プロジェクトサービス、または製品開発のためのアプリケーション(App)も提供できます。これにより、お客様のスマート製品やサービスが迅速に市場参入できることをサポートいたします。

さらに、Kalayプラットフォームのコア技術であるCloud VMS、Hausetopia App、またはDMPなどのソリューションを統合し、サービス範囲を拡充することも可能です。

Kalay プラットフォーム 2.0

2019年末、Kalayがアップグレードされました!

IoTを実現するために、新しい「分散型」技術アーキテクチャを開発し、接続効率を向上し、統合プロセスを簡素化し、情報セキュリティを強化することを3つの主要目標としています。

Kalay 2.0は、ビデオ監視装置、スマート消費者製品、およびさまざまなセンサーを接続し、ブランド、通信会社、システムインテグレータ、ハードウェアメーカー、および他のアプリケーションサービスプロバイダー向けにスマートプロダクトエコシステムを構築します。

これにより、ユーザーはより安全で便利で柔軟なスマートソリューションを享受できます。

Kalay