クラウドビデオ管理システム

Webベースのクラウドシステムは、IPカメラ、NVR、XVR、及び各種のセンサーデータをクラウドに送信して、統合管理を実現します。

メリット

ウェブベースのプラットフォーム

プラグインやオープンポートの設定なしで利用可能です。iOSおよびAndroidのOSのWebブラウザをサポートし、いつでもどこでもリアルタイム映像の監視とイベント録画の再生ができます。

クラウド録画ソリューション

様々なクラウド録画ソリューションを提供し、映像のバックアップによって、重要な映像の保存を確保します。

 

分権的に管理

デバイスの販売と使用状況を把握し、その後のビジネス価値を向上させるのに役立つ分権的に管理

 

 

データ統合管理

一つのプラットフォームを使用して、IoTデバイスの映像とデータを統合的に管理し、デバイスのリアルタイムの状態を確認し、問題を解決します。

コスト効率化

TUTKの特許取得済みのP2P接続技術を採用し、映像をリアルタイムで効率的に転送でき、サーバーおよび帯域幅のコストを明らかに削減できます。

AI機能

クラウドAIサービスを統合して、通常のカメラをAIカメラに変換します。

埋め込みプレーヤー

CVMS embedded

ほとんどのメーカーにとっては、プラットフォーム(フリート管理システム、セキュリティ管理プラットフォームなど)にビデオビューアを持つことは難しいです。プラットフォーム所有者のために、TUTKはVMSのライブビューと再生機能をコンポーネントに統合します。また、iframe構文を使用してプラットフォームに迅速に統合できる埋め込みプレーヤーも提供しています。当社のVMSを通じて、プラットフォームは苦痛なアップグレードなしでインテリジェントなビデオビュー機能を持つことができます。

動作モード

監視センターやセキュリティプロバイダー、カメラおよびXVRメーカー、ブランドオーナー向けに設計され、軽量で基本的な必要な機能を備えています。顧客は迅速にクラウドビデオ管理プラットフォームを使用することができ、WebRTCを使用して、Web、iOS、Androidのすべてのブラウザをサポートしており、企業の運用と顧客サービスを向上させるのに役立ちます。TUTKの強力なP2Pテクノロジーを使用することで、運営コストとネットワーク帯域幅を大幅に節約できます。

CVMS Architecture.png

応用

TUTK Accident Analysis

メーカー/ブランドオーナー

シンプルな統合により、デバイスはクラウドビデオ管理システム(Cloud VMS)を介して簡単に起動および実行できます。製造業務とセキュリティニーズをすべてカスタマイズできます。

TUTK Accident Analysis

監視センター/セキュリティプロバイダー

複数のフィールドの監視ビデオを一つのプラットフォームで中央から表示し、複数のチャネルを同時に表示して、顧客の安全を確保します。

TUTK Accident Analysis

システムインテグレーター (SI)

簡単に統合でき、複数のチャンネルをライブで表示したり、再生したりできます。