データーデバイス管理プラットフォーム

TUTKのデータ/デバイス管理プラットフォーム(DMP)を使用して、IoTデバイスのデータを自動的に収集、
処理、分析します

メリット

簡単な設定

簡単なセットアップで、すべてのIoTデバイスのデータレコードを収集します。

リアルタイム監視

デバイスの状態をリアルタイムで監視し、早い段階で問題をトラブルシューティングできます。

費用対効果が高い

サーバー料金、APIリクエスト料金、データエクスポート料金はありません。

スケーラビリティ

必要に応じて拡張可能で柔軟なデータストレージ。

1つのプラットフォーム

効果的な計算リソースを使用し、すべてのデバイスを1つのプラットフォームで管理します。

インテリジェントなデータ分析

カスタマイズした変数を使用し、グラフやチャートを作成します。

動作モード

DMP Architecture

アプリケーションシナリオ

TUTK Accident Analysis

パワー管理

TUTKのデータ/デバイス管理プラットフォーム(DMP)とサードパーティの電力メーターを組み合わせることで、機器の電力消費を簡単に監視できます。これにより、電力システムの安全かつ信頼性を確保し、各機器の電力使用量を監視できます。

TUTK AI Services

バイタルサインのモニタリング

サードパーティのAIカメラを使用することで、TUTKのデータ/デバイス管理プラットフォーム(DMP)は患者の生命体徴データを自動的に収集し、看護師が看護ステーションで患者の体温、呼吸、心拍数を監視できます。これにより、患者の生命体徴を測定するための時間と手作業の労力が大幅に削減され、患者を妨げることなく24時間365日患者を監視できます。

TUTK Secure with Ease

フリート管理

TUTKのデータ/デバイス管理プラットフォーム(DMP)は、車両内センサーからの衛星位置データとライブフィードを収集し、それによりクラウドビデオ管理システム(Cloud VMS)がリアルタイムのビデオ監視とイベント録画サービスを提供できます。