Kalay IoTモジュール

Kalay IoTモジュールを使用して、IoTデバイスを作りましょう

Kalay IoTモジュールを内蔵したIoTデバイスは、Kalay IoTプラットフォームと統合し、Kalay管理プラットフォームで管理されるのが最適です。接続要件に応じて、IoTデバイスにはKalay IoTモジュール、NebulaとMQTTが統合されたNebula、またはTUTK RTCが使用できます。

Kalay IoTモジュールを使用することで、OTA、KPNS、プッシュ通知、およびBLE/WiFi設定など、TUTKが提供するさまざまな機能をIoTデバイスに追加できます。これにより、製品開発の手間が省け、市場投入までの時間が短縮されます。

メリット

Kalay IoT プラットフォームとの統合に最適

データ伝送のためのさまざまなオプションを提供する

TUTKを活用した運用機能を搭載

動作モード

Kalay Module Steps